--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.06.1616:00

高速ラティハッサム構築

BW環境も残りわずか。
レートでお世話になっていたパーティを公開してみようと思います。

準伝4体+600族1体という豪勢な種族値のパーティですねw
勝率はまずまず(6~7割程度?)で、BW末期の環境でレート1600くらいです。

ラティオスハッサムガブリアス
テラキオンボルトロススイクン

ポケモン技1技2技3技4持ち物
ラティオス流星群めざ炎草結び身代わり命の珠
ハッサムバレパン蜻蛉返りどくどく羽休めオッカ
ガブリアス逆鱗地震エッジダブチョ拘りスカーフ
テラキオン岩雪崩インファ石化挑発気合の襷
ボルトロス10万めざ氷気合球電磁波達人の帯
スイクン熱湯どくどく守る身代わり食べ残し



ラティオス(NN:めざほのお)
臆病
努力値 - H20 C240 S248
実数値 - 158-*-100-180-130-177

めざ炎
 187-135グロスを確2(鉢巻バレパンと撃ちあってもこちらが生き残る)
 ナットレイを確2
 HD慎重ハッサムを確1

草結び
 流星1.5耐えバンギを確2(HD慎重だと確3、Aに振ってないから追い討ちないと判断可能)
 HD慎重カバは確2(H振りまでだったら確1になる!)

ご存知、最速で上から殴れる特殊ドラゴン。
流星群が通るようになれば当然のようにエースとして振る舞える。

加えて、流星群を受けにくるポケモンを自ら処理できるのが強み。
バンギやグロスを後出しされるターンに身代わりを張ってから、逆に狩りにいける。
こいつらを掃除した後、更に次のポケモンに流星群を1発お見舞いするというのが理想。

Cのラインは控えめ珠グドラの雨ドロポン耐えグロスを確2に持っていけるくらい。
Hに回すことで珠テラキのエッジを確定で耐えるようになっている。


ハッサム
勇敢
努力値 - H252 A10(4) B108 D140
実数値 - 177-166-134-*-118-63

陽気ASガブ地震2耐え(高確率)

同族ミラーで確実に後攻とんぼできるように最遅。
SV無振りとの違いは、カバ・ブシン・ズキンなどに抜かれる可能性が出てくるところ。
抜かれてでも後続を無傷で場に出すことを優先している。

バレパンはやはり必須で、ノオーテラキに圧力をかけることができる。
他のポケモンが倒しきれなかった残りHPを削ってくれるので、終盤まで温存して勝ち筋を作れる。

唯一ドラゴン技を半減できるため負担は大きいが、ラティガブに出せる炎持ちドラゴンは少ない。
炎を撃たれてもオッカで耐えてから、繰り出した後続で上から殴っていける。


ガブリアス(NN:191)
陽気
努力値 - H60 A156 B36 D4 S252
実数値 - 191-170-120-90-106-169

ダブチョでラティオスを確1
逆鱗でH201ガブを高乱1

がぶちゃんの調整についての情報は、こちらが参考になると思います
http://elysion5173.blog110.fc2.com/blog-entry-67.html

テラキの珠インファ石化耐えの調整に、BからAに実数値3だけ移した配分。
BW初期に比べテラキの数がかなり減ったため、テラキへの後出しよりも、
ガブとの対面を重視した形(それでも序盤ではいきなり逆鱗ぶっぱはできないが…)。

めざ氷意識でH201にした場合、Aに割けない都合でダブチョでラティを落とせなくなる。
序盤はやはり逆鱗が撃てないので、少しでもリスクを減らしながらダブチョを選択したい。
努力値を差し替えるなら、火力不足なことも考慮して思い切ってASだろう。

スカーフなので後出しから抜いて倒せたり、終盤の抜きにも役立つ。


テラキオン
陽気
ASぶっぱ

ナットレイなど鋼や、輝石ラッキーなどを突破する。
襷かつ石化持ちなので、ハッサムの後攻蜻蛉から繋げれば大体なんとでもなる。

珠テラキの火力も捨てがたいが、襷による行動回数確保で倒せる範囲は相当なもの。
このパーティが上から殴られてやられてしまうドリュウズを処理できるのも大きい。

エアームドで止まらない挑発を採用しているが、
挑発を当てたい相手にエスパータイプが多く、あまり強気に撃てない。

岩雪崩はエッジより当たるため、対ガモス時の勝率を安定させてくれる。
エッジなら確定数が変わる相手も多いので、好みで選んでしまってもよさそう。


ボルトロス
臆病
努力値 - H100 C148 D4 S252
実数値 - 167-*-90-164-101-179

対201ガブ:エッジを確定耐えしてから、めざ氷で乱1(93.8%)
対191ガブ:エッジを乱数耐え(87.5%)してから、めざ氷で確1
対ASガブ:エッジを乱数耐え(56.2%)してから、めざ氷で確1

ラティ眼鏡流星1.5耐えバンギをきあいだまで乱1(56.3%)、10万ボルトを1発加えれば確定

調整ガブに厚めなボルト。
氷弱点3体、テラキに水抜群、ハッサムに水が攻防ともに強いというパーティなため、
電気で水ポケモンを押す役割を担っている。

パルシェンにかなり弱いパーティでもあるので、電磁波でチャンスを作っていく。
挑発もかなり欲しい。カバドリの先発カバにステロを撒かせたくない。


スイクン(NN:ノイクン)
臆病
努力値 - H236 B4 C4 D12 S252
実数値 - 205-*-136-111-137-150

身代わりが地球投げを確定耐え
ダウンロードで相手のCを上げないように、B実数値<D実数値

プレッシャーどくみがまもで相手を削りとる、ノイクンと呼ばれる型のスイクン。

ラティがエスパー技を切っているし、火炎球ローブシンがどうにも止まらないため採用。
みがまもで火炎ブシンのHPを削りつつ熱湯圏内まで押し込んで倒せる。

他にも、S85族未満で毒が通ればタイプ相性が悪くても封殺できるので、
非常に広い範囲の敵を見られる強力なエースポケモンとなっている。


総論
このパーティの特徴は、なんと言っても全体的なSの高さ。
相手ポケモンを上から殴って先に倒すことで有利な状況を作っていく。

上から殴ることは総じて被弾回数の減少につながり、
また、攻撃の回数も多くなることから急所を引く機会も自然と増える。

例え倒しきれなくても高火力技でHPを削ることに大きな意味があり、
後続のポケモンが上から殴って倒せる圏内まで削ってさえいれば、勝てるのである。

いわゆる流行りの積みエースによる、太い勝ち筋というのは薄い構築だが、
それぞれのポケモンが別のポケモンの勝ち筋を作っていく、
わかりやすいスタンダードな構築と言える。ような気がする。


そもそも、実戦動画用に砂でも雨でもないスタンダードなパーティを構築しよう!
と思い立ったのがこのパーティの始まりなのである。

流星群を使おうと思い、ラティハッサムで検索して見つけたパーティを元に、
現環境用に変更・調整させていただき、この形に納まりました。

使いやすい構築だっただけに、レートをもう少し上げられればと思いました。
スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスターブラック・ホワイト
ジャンル : ゲーム

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【高速ラティハッサム構】

BW環境も残りわずか。レートでお世話になっていたパーティを公開してみようと思います。準伝4体+600族1体

まとめ【高速ラティハッサム構】

BW環境も残りわずか。レートでお世話になっていたパーティを公開してみようと思います。準伝4体+600族1体

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。