--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.03.2412:34

【リトルカップ】ユキバニラ構築【第3回論者オフ】

3/20(水)、浜松町にて開催された第3回論者オフに参加してきました。

論者オフ(役割論者オフ会)とは、記念すべき初回の主催を僕が務めた交流オフ会なので、
こうやって何度も続くイベントになって多くの人が参加してくれると嬉しいものですね。


そして交流オフながらもポケモン対戦のミニ大会が開催されました!

■ルール概要
 ・シングル635/オープン/シューターなし
 ・同もちものの複数体所持禁止
 ・しんかのきせき、ソニックブーム、りゅうのいかりの使用禁止
 ・レベルが5までで、タマゴから生まれることができ進化することができるポケモンでまだ進化をしていないポケモンが出場できる。もともと進化しないポケモンは出場不可能。


リトルカップという、おそらくやったことないという人多数というか、
ルールの存在すら知らない人が相当数いるのではないかという非公式マイナールールです。

リトルカップルール考察まとめ

まとめWikiを見ると、例えば頑丈・鋼の耐性・高火力と至れりつくせりのコイルのページにボルトチェンジが載っていないというほど、5世代になってから見直しが入っていないルールです。
# Wi-Fiランダム対戦が実装された今、非公式ルールで遊ぶ人が少ないということ


このルールを制するために僕が組んだ構築は下記の通り。

ユキカブリバニプッチズガイドス
グライガーヤドンドッコラー

ポケモン技1技2技3技4持ち物
ユキカブリ吹雪エナボ守る宿木気合の襷
バニプッチ吹雪ボディパージ守る身代わり食べ残し
ズガイドス諸刃思念地震馬鹿力拘りスカーフ
グライガー地震アクロバット蜻蛉返り剣舞飛行ジュエル
ヤドンアクアテール思念トリル腹太鼓オレンの実
ドッコラードレパンマッパ岩雪崩冷凍パンツ命の珠


シングル50フラットルールには、いわゆるユキトドガブという構築がありますが、
それをリトル用に縮小してきたのがこの構築です。
# まだまだ練られてはいませんが…


■ユキトドガブ構築について
・ユキノオー … 霰を降らせて襷・頑丈を潰し、宿木で回復し繰り出し回数を稼ぐ
・トドゼルガ … 霰下のまもみが残飯アイスボディで相手のHPを削りきる、あるいは零度
・ガブリアス … 霰や吹雪などで削れた相手を、スカーフ逆鱗地震で一掃する

ノオーの霰宿木で場を作り、無限戦法が出来そうな箇所でトドを降ろして相手を削る。
無限が維持できるならそのまま削りきって倒す。
無限が続けられなくても、削ってスカガブの圏内まで持ち込んで倒す。

トド・ガブのエース2枚構築と言えるかもしれません。

エースでありながら、ガブの勝ち筋をも強く支えるトドが頼もしいですね。


■リトルカップにおけるユキバニラ構築について
基本的には上記のユキトドと同じく、無限戦法を用います。

・ユキカブリ … 霰による襷・頑丈潰し
  ユキノオーと全く同じ場を整える役割。
  宿木は端数切捨ての都合もあり、ダメージ・回復の両ソースともLv.50対戦に比べて心許ない印象。
  即死が頻発するルールのため襷・頑丈の採用率は高いと予想されるので、そのメタにもなる。

・バニプッチ … まもみが残飯アイスボディ
  トドと同じ役割ではあるが、低耐久のため後出しは厳禁。
  ボディパージによって相手を抜いて無限戦法を成立させることが可能。

・ズガイドス … スカーフ諸刃の頭突きによる終盤抜き
  ガブ同様フィニッシャーとしての採用だが、主力技が低命中かつ反動アリ。
  かたやぶりで浮遊・頑丈が潰せるのが利点。


僕は今回かたやぶりと高火力目当てでズガイドスを採用しましたが、
この枠は他の比較敵高速なアタッカーも十分考えられると思います。

リトル環境で採用率が高くなりそうな日照りロコン晴れパはスカーフズガイドスで。
スカーフや葉緑素の晴れソラビが来たら泣きましょう。


今大会では全選出がこの3匹だったので、残りの組み合わせに関してはまだなんとも。

無限パターンに入れる局面は多かったものの、HP調整まで完成していなかったため、バニプッチが実質有限になってしまっていたのが悔やまれます。
Lv.5だとH個体値0でもH実数値が18になってしまいますが、実数値15まで落とせば身代わりの消費がH3になって2ターンで回収どころかプラスになる…のかな?
# 要検証

ただ、低レベルに調整すると殴られて即死するラインが下がってしまうので、BDに努力値を回したいですね。



大会結果は今回の主催、ツイッターでいつも絡んでいる、んいどわれ氏の下記ブログのレポートにて。

♂ゆるふわ☆ブログ♂ - 論者オフ対戦レポ&使用構

ちなみに僕はブロック全敗という体たらくでした(笑)。
つぎは上位を目指そう!(提案)

あと先発ズガイドスにストライクでスカーフかわらわり急所を当ててきた鶏肉は垢消せ
スポンサーサイト
2012.06.1616:00

高速ラティハッサム構築

BW環境も残りわずか。
レートでお世話になっていたパーティを公開してみようと思います。

準伝4体+600族1体という豪勢な種族値のパーティですねw
勝率はまずまず(6~7割程度?)で、BW末期の環境でレート1600くらいです。

ラティオスハッサムガブリアス
テラキオンボルトロススイクン

ポケモン技1技2技3技4持ち物
ラティオス流星群めざ炎草結び身代わり命の珠
ハッサムバレパン蜻蛉返りどくどく羽休めオッカ
ガブリアス逆鱗地震エッジダブチョ拘りスカーフ
テラキオン岩雪崩インファ石化挑発気合の襷
ボルトロス10万めざ氷気合球電磁波達人の帯
スイクン熱湯どくどく守る身代わり食べ残し



ラティオス(NN:めざほのお)
臆病
努力値 - H20 C240 S248
実数値 - 158-*-100-180-130-177

めざ炎
 187-135グロスを確2(鉢巻バレパンと撃ちあってもこちらが生き残る)
 ナットレイを確2
 HD慎重ハッサムを確1

草結び
 流星1.5耐えバンギを確2(HD慎重だと確3、Aに振ってないから追い討ちないと判断可能)
 HD慎重カバは確2(H振りまでだったら確1になる!)

ご存知、最速で上から殴れる特殊ドラゴン。
流星群が通るようになれば当然のようにエースとして振る舞える。

加えて、流星群を受けにくるポケモンを自ら処理できるのが強み。
バンギやグロスを後出しされるターンに身代わりを張ってから、逆に狩りにいける。
こいつらを掃除した後、更に次のポケモンに流星群を1発お見舞いするというのが理想。

Cのラインは控えめ珠グドラの雨ドロポン耐えグロスを確2に持っていけるくらい。
Hに回すことで珠テラキのエッジを確定で耐えるようになっている。


ハッサム
勇敢
努力値 - H252 A10(4) B108 D140
実数値 - 177-166-134-*-118-63

陽気ASガブ地震2耐え(高確率)

同族ミラーで確実に後攻とんぼできるように最遅。
SV無振りとの違いは、カバ・ブシン・ズキンなどに抜かれる可能性が出てくるところ。
抜かれてでも後続を無傷で場に出すことを優先している。

バレパンはやはり必須で、ノオーテラキに圧力をかけることができる。
他のポケモンが倒しきれなかった残りHPを削ってくれるので、終盤まで温存して勝ち筋を作れる。

唯一ドラゴン技を半減できるため負担は大きいが、ラティガブに出せる炎持ちドラゴンは少ない。
炎を撃たれてもオッカで耐えてから、繰り出した後続で上から殴っていける。


ガブリアス(NN:191)
陽気
努力値 - H60 A156 B36 D4 S252
実数値 - 191-170-120-90-106-169

ダブチョでラティオスを確1
逆鱗でH201ガブを高乱1

がぶちゃんの調整についての情報は、こちらが参考になると思います
http://elysion5173.blog110.fc2.com/blog-entry-67.html

テラキの珠インファ石化耐えの調整に、BからAに実数値3だけ移した配分。
BW初期に比べテラキの数がかなり減ったため、テラキへの後出しよりも、
ガブとの対面を重視した形(それでも序盤ではいきなり逆鱗ぶっぱはできないが…)。

めざ氷意識でH201にした場合、Aに割けない都合でダブチョでラティを落とせなくなる。
序盤はやはり逆鱗が撃てないので、少しでもリスクを減らしながらダブチョを選択したい。
努力値を差し替えるなら、火力不足なことも考慮して思い切ってASだろう。

スカーフなので後出しから抜いて倒せたり、終盤の抜きにも役立つ。


テラキオン
陽気
ASぶっぱ

ナットレイなど鋼や、輝石ラッキーなどを突破する。
襷かつ石化持ちなので、ハッサムの後攻蜻蛉から繋げれば大体なんとでもなる。

珠テラキの火力も捨てがたいが、襷による行動回数確保で倒せる範囲は相当なもの。
このパーティが上から殴られてやられてしまうドリュウズを処理できるのも大きい。

エアームドで止まらない挑発を採用しているが、
挑発を当てたい相手にエスパータイプが多く、あまり強気に撃てない。

岩雪崩はエッジより当たるため、対ガモス時の勝率を安定させてくれる。
エッジなら確定数が変わる相手も多いので、好みで選んでしまってもよさそう。


ボルトロス
臆病
努力値 - H100 C148 D4 S252
実数値 - 167-*-90-164-101-179

対201ガブ:エッジを確定耐えしてから、めざ氷で乱1(93.8%)
対191ガブ:エッジを乱数耐え(87.5%)してから、めざ氷で確1
対ASガブ:エッジを乱数耐え(56.2%)してから、めざ氷で確1

ラティ眼鏡流星1.5耐えバンギをきあいだまで乱1(56.3%)、10万ボルトを1発加えれば確定

調整ガブに厚めなボルト。
氷弱点3体、テラキに水抜群、ハッサムに水が攻防ともに強いというパーティなため、
電気で水ポケモンを押す役割を担っている。

パルシェンにかなり弱いパーティでもあるので、電磁波でチャンスを作っていく。
挑発もかなり欲しい。カバドリの先発カバにステロを撒かせたくない。


スイクン(NN:ノイクン)
臆病
努力値 - H236 B4 C4 D12 S252
実数値 - 205-*-136-111-137-150

身代わりが地球投げを確定耐え
ダウンロードで相手のCを上げないように、B実数値<D実数値

プレッシャーどくみがまもで相手を削りとる、ノイクンと呼ばれる型のスイクン。

ラティがエスパー技を切っているし、火炎球ローブシンがどうにも止まらないため採用。
みがまもで火炎ブシンのHPを削りつつ熱湯圏内まで押し込んで倒せる。

他にも、S85族未満で毒が通ればタイプ相性が悪くても封殺できるので、
非常に広い範囲の敵を見られる強力なエースポケモンとなっている。


総論
このパーティの特徴は、なんと言っても全体的なSの高さ。
相手ポケモンを上から殴って先に倒すことで有利な状況を作っていく。

上から殴ることは総じて被弾回数の減少につながり、
また、攻撃の回数も多くなることから急所を引く機会も自然と増える。

例え倒しきれなくても高火力技でHPを削ることに大きな意味があり、
後続のポケモンが上から殴って倒せる圏内まで削ってさえいれば、勝てるのである。

いわゆる流行りの積みエースによる、太い勝ち筋というのは薄い構築だが、
それぞれのポケモンが別のポケモンの勝ち筋を作っていく、
わかりやすいスタンダードな構築と言える。ような気がする。


そもそも、実戦動画用に砂でも雨でもないスタンダードなパーティを構築しよう!
と思い立ったのがこのパーティの始まりなのである。

流星群を使おうと思い、ラティハッサムで検索して見つけたパーティを元に、
現環境用に変更・調整させていただき、この形に納まりました。

使いやすい構築だっただけに、レートをもう少し上げられればと思いました。

テーマ : ポケットモンスターブラック・ホワイト
ジャンル : ゲーム

2011.08.1806:27

ノオーテラキ構成

最近使っている「ノオーテラキ」と呼ばれるパーティ構成を晒していきます。

ユキノオー
ユキノオー
おくびょう こだわりスカーフ
ふぶき、エナジーボール、めざめるパワー(炎)、ぜったいれいど
努力値:B30 C232 S248
調整:A実数値182のストーンエッジ耐え(確定)
倒したいポケモン:ガブリアス、テラキオン、ロトム水

天候上書き、タスキがんじょう潰し、耐久ポケモン突破と現環境にブッ刺さりなのです。
交代で受けられやすいけど、交代先へのれいどワンチャンで戦況を切り開いてくれます。
テラキオン
テラキオン
ようき いのちのたま
ストーンエッジ、インファイト、にどげり、みがわり
努力値:H6 A252 S252
調整:なし
倒したいポケモン:ウルガモス、バンギラス、ラッキー、ポリゴン2、ナットレイ

前パの猿と同じ感覚で、交代読みみがわりを張ってから攻撃していきます。
ウルガモスに安全に後出しできたり、にどげりでタスキバンギラスを突破できたりします。
ソーナンス
ソーナンス
ずぶとい オボンのみ
カウンター、ミラーコート、みちづれ、アンコール
努力値:H148 B252 D110
調整:鉢巻ガブリアスのげきりん2耐え(高乱数)、珠ラティオスのりゅうせいぐん2耐え(高乱数)
倒したいポケモン:格闘全般、メタグロス

格闘に弱い上2体の相性補完として優秀で、後出しから1:1交換まで狙っていけます。
アンコールで補助技を縛って、後続のギャラで積み無双を狙うことも可能なのです。
調整先はまだ練れる、ような……これはこれで物理アタッカーに気軽に繰り出せるけれども。
ギャラドス
ギャラドス
ようき たべのこし
たきのぼり、こおりのキバ、りゅうのまい、みがわり
努力値:H132 A78 B44 D4 S252
調整:威嚇込みでガブリアスのげきりん2耐え(確定)、最速にして残りA
倒したいポケモン:ウルガモス、ガブリアス、ボーマンダ

りゅうまい積みから1~2匹持っていきたいエースっぽいポジション。
2ウェポンで範囲が狭いので、ギャラで抜けない相手を他メンバーで処理しておく必要があります。
サンダー
サンダー
おくびょう ラムのみ
10まんボルト、ねっぷう、めざめるパワー(氷)、はねやすめ
努力値:H204 C10 D188 S108
調整:H実数値16n-1(天候ダメージ最小)、眼鏡ラティオスのりゅうせいぐん耐え(確定)、S最速ギャラドス抜き
倒したいポケモン:ギャラドス、スイクン、ハッサム、ナットレイ

このパーティが止まりやすい、炎4倍鋼への対策になりえるポケモンです。
みがわり持ちが2体いるため、めざ氷のかわりにでんじはもいける気がします。
メタグロス
メタグロス
いじっぱり オッカのみ
バレットパンチ、しねんのずつき、じしん、おいうち
努力値:H252 A36 B52 D156 S14
調整:A実数値の効率のよい36振り、テラキオンのインファイト2耐え(確定)、S同族4振り抜き、残りD
倒したいポケモン:ラティオス

主にりゅうせいぐんを流す役割を持っています。
オッカとじしんにより炎ポケモンへの役割破壊が期待できるものの、機会に恵まれません。雨パ全盛期だからでしょうか?



Q. このパーティが強い相手は?
A. バンギ・ガブ・ドリュウズなどを中心にした電磁波砂パです。
  現状のランダムマッチは、砂パの比ではないくらい雨パが多いので、
  もう少し違った構築が有効かもしれませんね。


Q. このパーティの弱点は?
A. 岩タイプからの一貫性、エスパータイプへの有効打の少なさ、トリックルーム。
  環境メタの要素が強いパーティなので、少しマイナー寄りな構成の相手には、
  意外と苦戦を強いられる状況が多いです。


Q. 猿の出番はもうないんですか!?
A. また使ってあげたいと思ってるよ;;
  ラキ・グライ・ムドーを1匹で処理できるゴウカザルはやはり優秀です。
  新パーティ考えておきます。
2011.06.2522:20

初回放送時からよく使ってるPT

いつものPTを晒してみようと思います。
何かの参考になれば嬉しいです!


バンギラス
バンギラス
いじっぱり 悪のジュエル
努力値:H148 A252 D110
技:噛み砕く ストーンエッジ 追い討ち 馬鹿力

通称「ネオヤンギラス」。
臆病ラティオスの眼鏡流星群2発連続耐えから、ジュエル追い討ちで倒せる。特殊アタッカー相手に滅法強いので、ラティと同じ要領で追い討ちでサイクル崩壊を狙える。
ユキノオー
ユキノオー
むじゃき こだわりスカーフ
努力値:A6 C252 S252
技:吹雪 ウッドハンマー 岩なだれ いばる

タスキが主流のユキノオー、スカーフはやや警戒されにくい。
ガブ、マンダ、ラティといったドラゴンに先制して仕留められるのが大きい。岩なだれはH無振りウルガモスなら高乱数1発。
ナットレイ
ナットレイ
ゆうかん こだわりハチマキ
努力値:H252 A252 B6
技:パワーウィップ ジャイロボール じならし タネマシンガン

流行り?の殴るナットレイ。
相手の挑発を誘うので、1ターン得する場合も多く、ダメージレースで優位に立ちやすい。変化技読みで後出ししてくる高速ポケモンをジャイロで確定1発にできることも。
ギャラドス
ギャラドス
わんぱく 食べ残し
努力値:H252 A6 B252
技:滝登り 雪なだれ ドラゴンテール 電磁波

物理耐久特化。
威嚇と雪なだれでガブリアスに圧倒的に強い。
交代先への電磁波まき、積みポケへのドラテなどでPTへのサポートが期待できる。
ラティオス
ラティオス
おくびょう こだわりメガネ
努力値:H6 C252 S252
技:流星群 サイコショック 波乗り 雷

最大火力で圧倒的な負担をかけていくラティオス。
波乗りは交代で呼びやすい鋼・バンギラス意識。
ゴウカザル
ゴウカザル
むじゃき 命の珠
努力値:H14 C244 S252
技:大文字 インファイト めざめるパワー(氷) 身代わり

後出ししにくい低耐久が難だが、交代で流されにくく潰し能力は高い。
交代読み身代わりから安全に2発の珠攻撃を繰り出せることから、その火力は推して知るべし。バンギ・ガブ・グロスなどの砂パから、ラキ・グライ・ムドーといった受けパまで、幅広く潰していける。
HPは4n+1調整で身代わりが4回張れ、ギャラで麻痺させてから痺れを狙ったり、自分で猛火を発動させたりできる。



よく聞かれる質問にも回答してみようと思います。


Q. なぜバンギラスはけたぐりじゃなくて馬鹿力なんですか?
A. 格闘弱点かつ軽いポケモン(ポリゴン2、ラッキー)を突破しやすくするためです。
  岩・悪のメインウェポンが通りにくい相手に120の火力を出せるのは大きいと思います。
  バンギは苦手な相手からはさっさと逃げたいので、AB低下はあまり気になりません。



Q. ユキノオーにいばるが入っているのはなぜですか?
A. どうしようもないときに撃ちます。運次第だけど勝ちが狙えるかも。
  交代しないとそのまま押し切られるので、絶対零度の方が使いやすいかも…
  きあいだまもアリかもだけど、確定1発にできる相手が少ないです。



Q. 猿は解雇しないんですか?^^
A. おい猿ディスってんじゃねーぞ;;
  大文字さえ当ててくれれば何の文句もねーよ;;



2011.05.2815:02

新時代の幕開け!ネオヤンギラス

今回は、バンギラスについて書いてみようと思います。

バンギラス

■ポケモン概要

種族値からして高火力・高耐久を実現しやすいバンギラスですが、加えて、すなおこしによる岩タイプのD上昇を自ら発生させることのできる高性能を誇っています。
特殊アタッカーに対しては、一方的なダメージレースを展開できるでしょう。

反面、格闘タイプには有効打もなく、4倍の攻撃を叩きこまれるため、どうあがいても退かざるをえません。
格闘タイプは輝石ラッキーなどの高耐久ポケモンを突破するために、現状ほぼ確実にPTに入ってくるため、後出しされることもよく考えなければなりません。

得意な相手と苦手な相手が、かなりはっきりしているポケモンと言えます。



■どう使えばいいのか?

結論から言うと、「おいうち」を採用するのがいいと、私は考えています。

特殊耐久を活かして有利な相手に繰り出し、退いていく相手においうちを決める。
これで、こちらのPTのHPへの負担は少なく、なおかつ迅速に相手のPTを崩せるでしょう。

格闘が必ずPTに入ってくる現環境でこそ決めやすい戦法であるとも言えると思います。

なぜなら、バンギが覚える技は総じて格闘ポケモン相手にあまり通らず、逆に格闘技はバンギに対して非常に負担が大きい、

いわゆる「格闘ポケモンはバンギラスに対して役割が持てる」という状態であるため、バンギを見たら相手は、交代して格闘ポケモンを出せば安全だと考えるからです。

相手の控えに格闘がいる状況で、現在場に出ている特殊アタッカーをおいうちで狩る。

これが有効な戦法だと考えています。



■構成例

性格 : いじっぱり
努力値 : H148 A252 D110
実数値 : 194-204-130-*-134(砂で201)-81
技 : おいうち、かみくだく、ストーンエッジ、ばかぢから
持ち物 : あくのジュエル


得意な相手に繰り出しておいうちで狩るのを目標に、なおかつ少し汎用性を確保した型です。
眼鏡ラティオスの流星群2連耐えするラインで、HPが多くなるように振って物理にも少しだけ厚くしています。

持ち物は、PT内で競合するポケモンがいなければこだわりハチマキもありだと思います。
特に序盤はすぐ格闘ポケモンが出てくるため、1ターンで引っ込めることになるので。

いわゆる役割論理的な使い方もできるため、私個人でネオヤンギラスと呼んでいる構成です(桂馬△)。



■仮想敵1 ラティオス

眼鏡流星群を2回連続で耐えるため、安全に後出しができ、なおかつ相手が退かなかった場合でも、ジュエルおいうちと砂ダメージ2回で確定で落とせます。

Aに252振り切って火力を確保したため、ラティオス以下の耐久である超霊などは、退いてこなかった場合でも落とせるため、後出しした時点でサイクル崩壊が確定します。



■仮想敵2 ウルガモス

蝶の舞を1回積んだ虫のさざめきを耐えて、ヨロギの実もろともストーンエッジで倒せます。
さざめき2発はほぼ耐えられないので、交代読みを決められるとちょっと厳しいかも。



■パーティ構成について

このネオヤンギラスを使うにあたって、格闘ポケモンは必ず意識していきたいところ。

単純にバンギ相手に格闘が出てくるため、それに対して役割を持てる超霊飛あたりを入れるのは当然として、確実に格闘を呼べるように、格闘ポケモンに役割を持たれるパーティにしておくことも重要です。

相手に格闘を選出させることで、バンギと対峙したポケモンをなるべく交代させるように仕向け、おいうちを的確に決めていくことができるようになります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。